学術研究団体「古代文学会 」 の公式ホームページです。

Topic

【6月例会(第714回)のご案内】

日 時:6月1日(土)14:00〜17:00
会 場:共立女子大学 神田一ツ橋キャンパス 本館823教室
発表者:三品泰子 氏
題 目:国覓ぎの発話行為の対話性――人麻呂の吉野従駕歌から――

※詳細は月例研究発表会(例会)をご覧ください。

2019年度 古代文学会シンポジウム】

2019年7月6日(土)共立女子大学神田一ツ橋キャンパスにて、シンポジウムを行います。
テーマ:テキストに書かれた歌―複数のコンテクストが出会う場所―
日 時:2019年7月6日(土)13:00-18:00
場 所:共立女子大学神田一ツ橋キャンパス本館1010教室
パネリスト・題目:
品田悦一 氏「万葉集に書き込まれた長屋王事件の痕跡」
鈴木宏子 氏「『土佐日記』を読む――亡児哀傷と都へ帰る女――」
松田浩 氏「「斉明紀」建王挽歌考―歌のコンテクストと歴史叙述のコンテクスト―」
※題目が一部変更となりました。
※詳細はシンポジウム/夏期セミナーをご覧ください。

2019年度 古代文学会夏期セミナー 中間報告会】

日時:6月2日(日)13:00-17:00
場所:日本大学文理学部7号館4階学生室
備考:発表時間各1時間(質疑含む)
発表者・題目:
石川久美子 氏「大和物語の右近の歌」
茂野智大 氏「長歌と反歌のコンテクスト――「天雲の影さへ見ゆる」の歌攷――」
清水明美 氏「物を語ろうとする歌と漢文体」
山崎健太 氏「『日本書紀』歌歴史叙述の方法について」

【例会発表者の募集】

2019年9月以降の例会発表者を募集します。
ご希望の方は、題目及び200字程度の要旨を、発表予定の3ヶ月前(該当月の委員会の1週間前)までに例会委員、または事務局までお申し込みください。
なお、採否は例会委員にご一任ください。

【例会通知eメールサービスのお知らせ】

本会では、メール会員をご希望の方に、例会案内をメールにてお送りしております。
メール会員をご希望の方は、下記E-Mailアドレス宛にメールにてご連絡ください。
なお、メールは「古代文学会ホームページ」のお問合せフォームからも送信出来ます。
ご協力をお願いいたします。

PAGETOP
Copyright © 古代文学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.