学術研究団体「古代文学会 」 の公式ホームページです。

月例研究発表会(例会)

古代文学会四月例会(第733回)のご案内

古代文学会では現在の新型コロナウィルスの感染状況に鑑み、今年度の例会をZoomを用いて遠隔で開催いたします。
Zoomの登録機能を利用します。ご参加を希望される方は、以下のリンクから参加登録をお願いいたします。参加登録を行うと、登録の際に入力されたメールアドレスに、参加用URLが記載されたメールが届きます。参加手順の概要は以下の通りです。
①参加登録ページで登録
②参加方法と発表資料入手方法が記載されたメールが届く
③メールに記載されたURLから発表資料をダウンロード(前日午前中にアップロード予定)
④開催時間にメールに記載された参加URLリンクをクリックして参加

【古代文学会例会参加登録】

開催時刻:2021年4月3日 02:00 PM 大阪、札幌、東京 
このミーティングに事前登録する:
https://zoom.us/meeting/register/tJ0ud-CqrD0uH9w3dHWEpO6Y3iIUdKdfFN3B

非会員の参加希望者につきましても、上記の登録リンクを御案内ください。

日 時:2021年4月3日(土)午後2時〜5時
場 所:Zoom(登録後、参加用URLを含むメールがZoomより送信されます)
発表者:大胡 太郎 氏
題 目:ミソジニーの琉球文学と王権と男性-目取真俊『眼の奥の森』論を出発点にして-
要 旨:
 昨年末、学生との卒論ゼミで、ひとつ重大な指摘に衝撃を受けた。沖縄近代文学研究、特に目取真俊『眼の奥の森』研究史が抱え込むミソジニーである。沖縄を論じることと男を論じることの混同と分離分断によって、沖縄を、特に沖縄の〈傷〉を論じつつ、そこに女性を置き、そこに怒り、憤る男たちを立てながら、その姿を「沖縄」として浮かび上がらせるとき、男たちは「沖縄の〈傷〉」を抱えつつ、「無傷」に「男」のままなのだ。
 思えば、琉歌研究に今なお参照される(しかない)『琉歌全集』の「歌物語」はミソジニーに満ちているが、これはひとりその注釈者・島袋盛敏らに抱えられたものではなかった。組踊『執心鐘入』の「心」を始め、沖縄の文学作品と研究史に、不可避的に孕まれているミソジニーによって、「男」たり得、また「男」たり得ない、情況と自己(たち)を浮かび上がらせる「問い」と、これはなり得るのではないか。そこに浮かび上がるのは、「男であって男ではない」という不-可能性に満ちた領域ではないのだろうか。
 それゆえ、ならば、王権とジェンダーを問うた義江明子『古代王権論』(岩波書店)、特に第三章が論じる琉球の王権権力とジェンダーの問題を批判的に検討しつつ、系譜的に、かつ作品によって論が生まれるのではなく、論によって作品が励起的に読みとして構築されていく様相から、ミソジニーによって守られている「男」の姿において問い得てきた領域と、いまだ問われることのなかった領域にアプローチしていきたい。

司 会 :山本 大介 氏

※なお、発表資料及び要旨の著作権は発表者に帰属します。


事務局より

  • 次回以降の発表者
    5月例会 藤井尚美氏
    6月例会 奥田和弘氏
  • 委員会の開催
    委員会を例会当日の11時に開催いたします。委員の方には後日連絡いたします。
  • 2021年度例会発表者の募集
    2021年9月以降の例会発表者を募集します。例会は、7・8月を除く毎月第一土曜日に開催されます。研究報告発表をご希望の方は、題目及び200字程度の要旨を、発表予定3ヶ月前(該当月の委員会の1週間前)までに例会委員、または事務局(HP問い合わせメール)までお申し込みください。なお、採否は例会委員の審査の経て、毎月の委員会の承認にて決定いたします。委員会は原則その月の例会当日に行われます。

PAGETOP
Copyright © 古代文学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.