学術研究団体「古代文学会 」 の公式ホームページです。

月例研究発表会(例会)

古代文学会6月例会(第714回)のご案内

日 時 : 2019年6月1日(土)午後2時〜5時
場 所 : 共立女子大学 神田一ツ橋キャンパス 本館823教室

東京都千代田区一ツ橋2-2-1
東京メトロ「神保町」駅下車 A8出口から徒歩1分
https://www.kyoritsu-wu.ac.jp/access/

発表者 : 三品泰子 氏
題 目 : 国覓ぎの発話行為の対話性 ――人麻呂の吉野従駕歌から――
要 旨 :
国覓ぎ神話の型に則って詠まれる人麻呂の吉野従駕歌は、第一長歌で名付けを二回行っている。巡行神の位置にいる大君が「激つ河内」に向かって「清き河内」だと発話し御心を吉しとしたのが吉野の地名起源になっていることと、「水激つ滝の都」と都を名付けることである。この二回の名付けは、第二長歌で大君が「激つ河内」に高殿を立てて国見すること、反歌で「激つ河内」に船出することに対応する。これらの表現は従来、大君が異界の霊威が最も強く発現する場所までも制圧し超越者となったことを讃えたものだと言われてきた。しかし、歌を詠むことが叙述や描写などではなく、相手に向けて働きかけるものだと考えるなら、歌の言葉が向かう相手は大君側の人々なのだろうか。そうした領有する側だけで閉じられた言語空間の見方では、なぜ領有する前だけでなく領有した後までも「水激つ滝の都」(第一長歌末尾)や「激つ河内」(第二長歌の反歌)と呼び続けるのかがわからない。そもそも「水激つ滝の都」とは、「激つ」場所を都と化したということなのか。都が「激つ」ものと化したということではないのだろうか。激っている都(「滝(たき・たぎ)」も「たぎつ」の名詞)だと歌で呼ぶのは、激つ側からの声も入っているのではないだろうか。大君側からだけでなく異界側からの視点も読みとる必要があるのではないだろうか。

司 会 :遠藤耕太郎  氏


事務局より

  • 委員会の開催
    例会終了後に委員会を行います。委員の方々はお集まりください。
    主たる議案は、本学会が参加している日本文学連絡協議会で検討中の「学習指導要領に関する見解」に関する検討。ご意見・ご要望のある維持会員の皆様もぜひご参集ください。
  • 次回の予定
    2019年7月、7月6日(土)共立女子大学神田一ツ橋キャンパスにて、シンポジウムを行います。
    テーマ:テキストに書かれた歌―複数のコンテクストが出会う場所―

  • 2019年度 古代文学会夏期セミナー 中間報告会日程
    日時:6月2日(日)13:00-17:00
    場所:日本大学文理学部7号館4階学生室
    備考:発表時間各1時間(質疑含む)
    発表者・題目:
    石川久美子 氏「大和物語の右近の歌」
    茂野智大 氏「長歌と反歌のコンテクスト――「天雲の影さへ見ゆる」の歌攷――
    清水明美 氏「物を語ろうとする歌と漢文体」
    山崎健太 氏「『日本書紀』歌歴史叙述の方法について」

  • 2019年度例会発表者の募集
    2019年9月以降の例会発表者を募集します。
    ご希望の方は、題目及び200字程度の要旨を、発表予定の3ヶ月前(該当月の委員会の1週間前)までに例会委員、または事務局までお申し込みください。
    なお、採否は例会委員にご一任ください。
  • 例会通知eメールサービスのお知らせ
    本会では、ご希望の会員のかたに、例会案内をメールにてお送りしております。例会通知をメール配信に切り替えをご希望の方は、上記E-Mailアドレス宛にメールにてご連絡ください。なお、メールは「古代文学会ホームページ」のお問合せフォームからも送信出来ます。ご協力をお願いいたします。

PAGETOP
Copyright © 古代文学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.