学術研究団体「古代文学会 」 の公式ホームページです。

月例研究発表会(例会)

古代文学会4月例会(第712回)のご案内

日 時 : 2019年4月13日(土)午後2時〜5時
場 所 : 共立女子大学 神田一ツ橋キャンパス 本館823教室

東京都千代田区一ツ橋2-2-1
東京メトロ「神保町」駅下車 A8出口から徒歩1分
https://www.kyoritsu-wu.ac.jp/access/

発表者 : 鈴木道代 氏
題 目 : 紀末茂「臨水観魚」の楽府詩的試作の方法
要 旨 :
『懐風藻』に載る紀末茂の「臨水観魚」の詩は、小島憲之氏により張正見の「釣竿篇」の「盗作」(日本古典文学大系本)と評されている。たしかに、末茂詩の題詞の変更、数カ所の詩句の改変、および正見詩の三、四、九、十句を欠くなどの相異は認められるが、そのほかは基本的に類似する。月野文子氏はこの相違について、日本的に修正した「悠々自適の釣人」(=暫時の隠遁的行動を楽しむ官僚)を意図したとする(『上代文学』一一九号)。しかし、それのみではこの詩の類似する意味は説明できない。
この末茂の詩は盗作によるものではなく、中国楽府題詩の特徴に求められると思われる。正見の「釣竿篇」は楽府題の詩であり、楽府題自体は詩のテーマを規定するが、楽府題詩の「釣竿」詩を見ると、一定の詩句を継承しつつ時代により主題が変化してゆく特徴が見られる。紀末茂はこの点を理解した上で、張正見の詩を改変したと思われる。つまり紀末茂は、「釣竿篇」の楽府詩の方法を意図して当該詩を試作したのだといえる。

司 会 :清水明美  氏


事務局より

  • 委員会の開催
    例会終了後に委員会を行います。委員の方々はお集まりください。
  • 次回の例会の予定
    2019年5月例会は、5月4日(土)14:00-17:00、共立女子大学神田一ツ橋キャンパスにて、山﨑かおり氏の研究発表を予定しております。
    なお、5月4日はゴールデンウィーク期間中のため、会場校の共立女子大学正面玄関は、13時~14時および17時~18時のみ開放しています。それ以外の時間の出入りは、通用口(防災センター脇)をご使用ください。通用口利用の際は、インターホンを押し警備員のかたに開けていただく必要があります(退出の際は、この限りではありません)。

  • 『古代文学』58号(2018年度3月発行)合評会のお知らせ
    2019年5月5日(日)13:00-18:00、大東文化会館K-302教室(最寄り駅:東武東上線「東武練馬」)にて、『古代文学』58号の合評会を行います。
    みなさまのご参加をお待ちしております。
  • 2019年度例会発表者の募集
    2019年9月以降の例会発表者を募集します。
    ご希望の方は、題目及び200字程度の要旨を、発表予定の3ヶ月前(該当月の委員会の1週間前)までに例会委員、または事務局までお申し込みください。
    なお、採否は例会委員にご一任ください。
  • 例会通知eメールサービスのお知らせ
    本会では、ご希望の会員のかたに、例会案内をメールにてお送りしております。例会通知をメール配信に切り替えをご希望の方は、上記E-Mailアドレス宛にメールにてご連絡ください。なお、メールは「古代文学会ホームページ」のお問合せフォームからも送信出来ます。ご協力をお願いいたします。

PAGETOP
Copyright © 古代文学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.