学術研究団体「古代文学会 」 の公式ホームページです。

月例会_2000年代

2009年 (592~は連続シンポジウム) 委員と企画
600 12月05日 佐竹 美穂 『常陸国風土記』の「池」―その記述をめぐって―
599 11月07日 佐野 智美 『万葉集』巻二における天智天皇の位置
598 10月03日 保坂 秀子 『万葉集』における「コドモ」
597 09月05日 岩田 大輔 『日本書紀』三輪神宴歌の意義
596 08月19日
~21日
夏期セミナー (於 箱根小涌谷温泉・千條旅館)
〔総合テーマ〕古代文学と場所(トポス)
〔シンポジウム〕

①テーマ「地名」
大浦 誠士「『いにしへ』の見える『場所』」
兼岡 理恵「『地名』の喚起力―地名起源説話生成の諸相―」
②テーマ「建築物」
池田 三枝子「〈自然〉をつくる」
山口 敦史「冥界の王宮」
③テーマ「地形」
飯泉 健司「つくられた地形―破戒が生む聖地(トポス)―」
飯田 勇「『春の野』というトポス」
④テーマ「異界」
山本 大介「安楽国と自土意識」
渡部 亮一「法界が顕現させるもの―仏教修行者の『異界』」
595 07月04日 北條 勝貴 ヒトを引き寄せる〈穴〉―東アジアにおける聖地の形式とその構築―
安藤 礼二 「うつほ」からの響き―物語の起源としてある聖地―
594 06月06日 保坂 達雄 女の流離と女神の生成
阿部 泰郎 中世を巡る女人と霊地―『とはずがたり』の道行き―
593 05月02日 新川 登亀男 「アスカ」から「飛鳥」へ~飛鳥寺西(現石神遺跡)の饗宴空間出現を問う~
山下 久夫 「トポス」への転換―篤胤の場合―
592 04月11日 山本 ひろ子 〈聖なるもの〉が顕現するとき
増尾 伸一郎 海中なる博大之嶋〉考
―常世・蓬莱・竜宮・ニライカナイ・補陀落の交錯する世界―
591 03月07日 伊藤 好美 大伯皇女研究
590 02月07日 猪股 ときわ 異類に成る―歌の言葉と神話的思考
589 01月10日 三品 泰子 空海の詩韻と真言思想
―『性霊集』「遊山慕仙詩」仏智五十三字の脚韻から―

 

2008年 (580~584は連続シンポジウム) 委員と企画
588 12月06日 遠藤 耕太郎 挽歌・葬歌の起源へ
587 11月08日 朽名 彩 挽歌に見る〈音景色〉―死者の魂を運ぶ鳥は鳴かない―
586 10月04日 月岡 道晴 和歌説話と萬葉歌の訓―『俊頼髄脳』をめぐって―
585 09月06日 近藤 信義 歌人としての桓武
584 08月19日
~21日
夏期セミナー (於 箱根小涌谷温泉・千條旅館)
〔総合テーマ〕神話を考える
〔シンポジウム〕

①テーマ「言語遊戯と神話の創造」
谷口 雅博「木の国の神話―地名と神話生成―」
松田 浩「漢字分解の知と神話的想像力―雉はなぜ天若日子に射られたのか―」
②テーマ「神話的トポス」
保坂 達雄「「角鹿」というトポス」
飯泉 健司「神話を生み出すトポス―風土記から記紀へ」
③テーマ「帝国と神話」
大胡 太郎「包摂される帝国・越境する神話」
山田 純「「日下」と「帯字」をめぐる神話的思考―『古事記』序文の対句表現―」
④テーマ「神話と歌」
居駒 永幸「蜻蛉野遊猟歌と雄略神話―紀75に「口號」と記す意味―」
稲生 知子「光仁登極の〈神話〉―『続日本紀』にとっての童謡」
583 07月05日 荻原 規子 わたしと日本神話―「空色勾玉」「白鳥異伝」が生まれるまで
三浦 佑之 人はなぜ古事記に魅入られるのか
582 06月07日 安藤 礼二 「燕石考」読解―南方熊楠の神話論理素描
山下 久夫 篤胤の神話的思考
581 05月03日 小川 豊生 日本における「霊性」の起源と神学のメチエ
山口 敦史 「蘇民将来」の〈神話〉と経典
580 04月12日 佐藤 壮広 共苦のスピリチュアリティ:沖縄の民間巫者の身体とシマの痛み
岡部 隆志 極私的神話論 ―笙野頼子『金比羅』を読む―
579 03月01日 大野 まゆみ 家持「娘子」作品考―七一七番歌を中心に―
578 02月02日 大堀 英二 七夕詩宴の特質―紀男人「七夕」詩を端緒に―
577 01月05日 堂野前 彰子 倒立する託宣 ―『常陸国風土記』香島郡鹿島神の託宣をめぐって―

 

2007年 (568~572は連続シンポジウム) 委員と企画
576 12月01日 稲毛 優気 憑依の系譜 ―託宣・童謡・口号―
575 11月03日 同前 美希 天平二年七月十一日、山上憶良謹上作品について
574 10月06日 多田 元 古歌唱詠と遊行女婦―歌唱の契機とその齎すもの―
573 09月01日 木村 一弘 人麻呂用字圏と家持用字圏における用字上の特色(助詞)について
572 08月20日
~22日
夏期セミナー (於 箱根小涌谷温泉・旅館千條)
〔総合テーマ〕歌表現から開く古代 ―言葉の境界領域へ―
〔シンポジウム〕
①喩性
池田 三枝子「《景》のゆらぎ ―「喩」としての力―」
古舘 綾子「万葉歌の表記と喩」
②意味と情調
岡部 隆志 「言語情調論」と万葉の抒情言語
西澤 一光「折口信夫にとって「文学」とは何か―「言語情調論」へのアプローチとして」
③歌語の領域
太田 善之「「枕」の生成」
清水 明美「歌語と漢字表記」
④「和歌のロゴス」
尤 海燕「「物」と「心」―和歌の発生論」
松田 浩「報凶問歌と旅人にとっての和歌」
571 07月07日 高田 祐彦 関係の創造―掛詞の力
津田 博幸 漢字表現による破壊と創造
570 06月02日 久富木原 玲 手枕―共寝の身体的表現
飯田 勇 律令官人の「性」から万葉歌の表現史を考える
569 05月05日 渡部 泰明 「しらべ」論の根拠
猪股 ときわ 共震する音と意味と―古代音楽用語としての「調べ」から
568 04月14日 多田 一臣 身体の断念と叙情
古橋 信孝 ひらがな体は身体性と抒情性の文体である
森 朝男 歌ぶりとしての〈悲恋〉―泣血哀慟歌からの発問―
567 03月03日 小林 真美 『日本書紀』における歌謡記事の記載意義 ―仁徳条の事例を中心に―
566 02月03日 山本 大介 女身の菩薩-『日本霊異記』下巻第十九縁について
565 01月06日 谷口 雅博 『常陸国風土記』多珂郡・「サチ争い」説話の意義

 

2006年 (556~560は連続シンポジウム) 委員と企画
564 12月02日 吉野 樹紀 和歌の「よみ」を考える
563 11月04日 吉田 修作 異国へ巡行した〈みこともち〉神功皇后―新羅出兵・蒙古襲来・朝鮮侵略―
562 10月07日 村本 春香 『万葉集』磐姫皇后歌群における「古事記曰」
561 09月02日 関口 一十三 霊異記の優婆塞・禅師・行者
560 08月20日
~22日
夏期セミナー (於 箱根小涌谷温泉・旅館千條)
〔テーマ〕古代文学研究の最前線
〔発表〕
松田 浩「言語・文字論」
吉田 修作「霊性論」
飯泉 健司「環境論」
保坂 達雄「古代学論」
〔総合シンポジウム〕
二部構成で、4月からの連続シンポジウムを総括し、今後の展開を探る。
コメンテーター 大浦 誠士・大胡 太郎・太田 善之
司会 津田 博幸・山口 敦史
559 07月01日 奥田 統己 古代学とアイヌ口頭文芸
丸山 隆司 〈古代学〉の言説空間―アイヌ・ヤマト・ウチナー―
558 06月03日 中澤 克昭 野生の価値と権力―王朝の狩猟とその言説―
北條 勝貴 樹霊に揺れる心の行方―相克する正当化/相対化の言説―
557 05月06日 安藤 礼二 折口信夫の霊魂観
津田 博幸 可能性としての「霊性」
556 04月08日 西澤 一光 彼はなぜそう書いたのか―言語の身体性あるいは読みの一回性をめぐる問い
猪股 ときわ 「類」をもって「聚」める―文字列の歌という「固有なるもの」
555 03月04日 小林 渚 『懐風藻』と「風流」
554 02月04日 増尾 伸一郎 『藤氏家伝』の成立と『懐風藻』
553 01月07日 岡部 隆志 持続する問答

 

2005年 委員と企画
552 12月03日 斎藤 英喜 招魂祭・考 ―〈魂〉をめぐる儀礼と言説
551 11月05日 多田 一臣 古代の夢について
550 10月01日 藪 敏晴 松浦佐用姫と弟日姫子
549 09月03日 一色 知枝 和歌における「仏との出逢い」―『発心和歌集』の表現方法をめぐって―
548 08月21日
~23日
夏期セミナー (於 箱根小涌谷温泉・旅館千條)
〔テーマ〕文字列からみる八世紀 ―古代の「知」「技」「信」―
〔発表〕
飯泉 健司「難解文字列の音感と字感―閉じられた知・信・技―」
大堀 英二「『慕仏跡一十七首』『呵嘖生死』の文字列」
松田 浩「献新田部親王歌の文字列」
三品 泰子「習書木簡と八世紀の対策文―儒教経典を文字列として見る眼―」
〔シンポジウム〕
パネリスト 上記発表者四名
コメンテーター 大浦 誠士・津田 博幸
司会 猪股 ときわ
547 07月02日 山口 敦史 『日本霊異記』における「一闡提」
546 06月04日 呉 哲男 皇極紀の周辺―日本書紀と春秋公羊学
545 05月07日 山田 純 斉明紀・天智紀の編述者について―災異記事からみる歴史叙述を通して―
544 04月02日 橋本 亜佳子 新田部親王に献る歌―その嗤笑性と由縁と歌との関わりをめぐって―
543 03月05日 太田 真理 大伴旅人「松浦河に遊ぶ序及び歌」と、神仙のをとめ
542 02月05日 若月 絢子 万葉集巻一六・三八〇四番歌考―題詞と歌からみる歌物語の方法―
541 01月08日 渡部 亮一 誠に知る聖朝・日本国と天皇―『日本霊異記』考

 

2004年 委員と企画
540 12月04日 小嶋 菜温子 “妊婦の自殺譚”の変容 ―「安積山の女」をめぐって
539 11月06日 山崎 かおり 若日下部王と日の思想
538 10月02日 伊澤 正俊 三二二五番歌考
537 09月04日 保坂 達雄 神話の生成とシャーマニズム―日光感精型神婚譚を例にして―
536 08月19日
~21日
夏期セミナー (於 箱根小涌谷温泉・旅館千條)
〔テーマ〕文体との出会い
〔発表〕
稲生 知子「熱田の神との出会い~『熱田太神宮縁起』の文体~」
猪股 ときわ「『古事記』を書くワザと歌」
大浦 誠士「文字の歌―人麻呂歌集の序歌―」
丸山 隆司「〈略体〉という文・体」
〔シンポジウム〕テーマ「文体とは何か」
パネリスト 上記発表者四名
コメンテーター 津田 博幸・松田 浩
司会 小林 渚・古舘 綾子
535 07月03日 小林 真美 『古事記』近代諸本における底本変遷の一問題
534 06月05日 前川 晴美 「影媛」の歌謡について―「影媛あはれ」を中心に―
533 05月01日 吉田 修作 託宣神の行方 ―コトシロヌシを中心として―
532 04月03日 清水 章雄 「さやさや」論―オノマトペの古代―
531 03月06日 奥田 和広 『万葉集』巻十七・三九五七「哀傷長逝之弟歌」の割注について
530 02月07日 谷口 雅博 風土記・地名起源異説並記の意義
529 01月10日 加藤 清 「クミドニオコシテ」考―宮造営との関わりから―

 

2003年 委員と企画
528 12月06日 工藤 隆 海幸山幸神話を読み直す
―自民族の劣っている点を語る神話と語らない神話
527 11月01日 池田 三枝子 黒人の〈景〉
526 10月04日 三浦 佑之 巌谷小波と神話・国定教科書
525 09月06日 冨樫 進 奈良時代の仏典註釈書における「外典」受容の一様相
―法進『沙弥十戒並威儀経疏』をめぐって
524 08月19日
~21日
夏期セミナー (於 箱根小涌谷温泉・旅館千條)
〔テーマ〕言語とは何だったのか―古代の書き手たちにとって―
〔発表〕
飯泉 健司「土地との邂逅―風土記「在」字にみる混迷―」
池田 三枝子「書かれることば・書かれないことば―万葉歌の用語意識―」
岡部 隆志「「朴」の言語観」
渡部 亮一「古代の言語体験を探る―善珠が『唯識義燈増明記』を書くこと一」
〔シンポジウム〕テーマ「神話を書く」
パネリスト 居駒 永幸・斎藤 英喜・三浦 佑之  司会 猪股 ときわ
523 07月05日 近藤 信義 古代和歌における「転位」について―佐藤和喜『景と心』を読む―
522 06月07日 古舘 綾子 〈こころ〉を召喚する歌―家持自然詠と中国詩学―
521 05月03日 久富木原 玲 釆女説話と源氏物語―特異歌語「いさらゐ」を起点として
520 04月05日 田中 俊江 常陸国風土記「筑波之雅曲」をめぐる考察
519 03月01日 保坂 秀子 『万葉集』の「コ(子・児など)」について―歌の表現を視点として―
518 02月01日 山崎 かおり 安康天皇と大日下王の人物像―大后・長田大郎女の周辺―
517 01月11日 大堀 英二 長屋王サロンに対する釈道慈詩の意義―「方外の士」をめぐって―

 

2002年 委員と企画
516 12月07日 遠藤 耕太郎 歌掛けの技、使いの技―読み換えの論理―
515 11月02日 斎藤 英喜 「儺の祭りの詞」考―「祭文」の視野のなかで
514 10月05日 吉田 修作 旅行く〈ますらを〉と土地の〈をとめ〉の歌―遊行女婦の歌表現―
513 09月07日 多田 一臣 ヤマトタケル東征譚における東国
512 08月20日
~22日
夏期セミナー (於 箱根小涌谷温泉・旅館千條)
〔テーマ〕〈信〉〈知〉〈言語〉
〔発表〕
山口 敦史「仏典註釈における〈異言語〉と〈翻訳〉の問題
 ―智光『般若心経述義』にとっての〈真言〉の〈信〉と〈知〉―
津田 博幸「漢字文と〈言語〉」
松田 浩「鎮懐石歌を考える―漢文・和歌・古老相伝―」
古館 綾子「恋する大宮人―万葉集巻六、授刀寮散禁歌群を読む―」
〔シンポジウム〕テーマ「性をめぐる〈言語〉」
パネリスト 丸山 隆司・森 朝男  司会 渡部 亮一
511 07月06日 呉 哲男 斉明紀の諸問題
510 06月01日 月岡 道晴 伝説歌論の見通し―羈旅歌の様式からの継承と断絶―
509 05月04日 稲生 知子 平安時代の「浦島子」―『源氏物語』を起点として―
508 04月06日 伊藤 理恵 嘉摩三部作と神仙思想―『抱朴子』の地仙思想への憧れ―
507 03月02日 阿部 誠 仁徳紀・女鳥王の歌謡物語の構想
506 02月02日 佐野 あつ子 道綱母の選択―長歌体恋歌の意味するもの
505 0105月日 小林 渚 「風」を懐く詩集

 

2001年
504 12月01日 坂本 勝 高天の原と葦原中国―神婚空間としての「原」をめぐって―
503 11月03日 西條 勉 和歌と楽府・郷歌
502 10月07日 古代文学会例会500回記念シンポジウム「古代文学研究の新世紀へ」
(於 共立女子短期大学)
〔第一部〕テーマ「歌の生成と生態」
酒井 正子「『ことばかけ』からウタの生成へ
―与那国島の葬送歌≪みらぬ歌≫の多面性―」
岡部 隆志「何故歌うのか?―中国少数民族歌垣の事例から―」
〔第二部〕テーマ「歴史叙述と註釈」
阿部 泰郎「中世における歴史叙述の生成と註釈―日本紀と太子伝―」
津田 博幸「史書の神学・日本紀講」
〔総括討論〕テーマ「古代文学研究の新世紀へ」
パネリスト 森 朝男・古橋 信孝
501 09月01日 高桑 枝実子 巻二天智挽歌群 姓氏未詳婦人作歌考
500 08月20日
~22日
夏期セミナー (於 箱根小涌谷温泉・旅館千條)
〔テーマ〕まなざされる境位
〔発表〕
渡部 亮一「収集される安楽国―過程としての『日本霊異記』―」
居駒 永幸「古事記の歌謡テキストと物語叙述―叙事にまなざされる歌―」
清水 明美「歌を継ぐ―家持歌の方法―」
大胡 太郎「まなざされる定家・まなざされる中世注釈―『伊勢物語』―」
〔シンポジウム〕テーマ「知の宮廷・知の宴」
パネリスト 猪股 ときわ・大浦 誠士・太田 善之  司会 津田 博幸
499 07月07日 佐藤 和喜 転位論―音のある景・音のない景―
498 06月02日 平野由紀子 額田王の天智大殯の時の歌―上二句の訓を中心に―
497 05月05日 茶園 麻由 「吉野の童女」考―天女の誕生
496 04月07日 浅間 俊之 「やすみしし 我が大君」考
495 03月03日 横倉 長恒 『古事記』序文「誦習」のかたるもの
494 02月03日 李  恵燕 東アジアにおける死の儀礼―喪葬儀礼を中心として―
493 01月06日 森脇 祐治 人麻呂の吉野讃歌をめぐって―「伝統と創造」の内実―

 

2000年
492 12月02日 増尾 伸一郎 古代東アジアの詩人と〈竹林七賢〉
491 11月04日 蔵中 しのぶ 『藤氏家伝』と大安寺文化圏―貞慧伝はなぜ立伝されたか
490 10月07日 皆川 隆一 呪術としての表現
489 09月02日 多田 元 歌集の始発
488 08月21日
~23日
夏期セミナー (於 箱根小涌谷温泉・旅館千條)
〔テーマ〕まなざし―言葉を向ける関係性へ―
〔発表〕
三品 泰子「因果の文体を書くこと―漢訳仏典への景戒の「まなざし」―」
古橋 信孝「物語を書く―万葉集巻十六の題詞、左注の文体―」
大浦 誠士「作者未詳歌巻の論―『歌の心』の発見―」
津田 博幸「分別の耳」
稲生 知子「天皇から天皇へ向かう言葉―『寛平御遺戒』の中の「桓武天皇」―」
487 07月01日 福沢 健 宇智野遊猟歌と歌の「共有」
486 06月03日 古橋 信孝 万葉集巻十六の文体
485 05月06日 猪股 ときわ 「挽歌」の成立―『万葉集』巻二の有間皇子関係歌から
484 04月01日 塩沢 一平 田辺福麻呂歌集と五つの歌群
483 03月04日 古館 綾子 〈詠み手〉の成立
482 02月05日 太田 善之 「巻十六長忌寸意吉麻呂八首」の世界
481 01月08日 松田 浩 巻九大宝元年紀伊行幸歌群に関する一考察―人麻呂との関係をめぐって
PAGETOP
Copyright © 古代文学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.